桐たんすの選び方

桐たんすのサイズについて

桐たんすに何を収納したいか?

一般的に多いのがやはり着物を収納したい方が大半でしょう。

では着物を収納するのには箪笥のサイズはどの位か?

 

まずは桐たんすの幅についてです。

着物は購入時に畳紙(たとうし)に包まれております。その畳紙のサイズが約84cmから90cm程度です。なので内寸の幅が約90cm以上あれば着物は収納可能です。

90cmの内寸を確保するとなると桐たんすの外寸は並厚の引き出しだけのたんすで約100cm以上であれば収納できます。ただし本体の厚みが並厚に限ります。

本体の厚みが胴厚と呼ばれる物になりますと、それ以上の幅が必要になります。

胴厚仕様の桐たんすをお選びになるのでしたら105cm(三尺五寸)以上のたんすをお選びください。

大洋(おおよう)や上洋(うわよう)・中洋(なかよう)などと呼ばれる扉の中に衣裳盆があるタイプは105cm(三尺五寸)以上のたんすをお選びいただければ大丈夫です。

 

次に高さ

昭和中期以降の桐たんすの高さは173cmが主流でしたが、現代の住宅事情により、最近は目線より低い桐たんすを選ばれる方が多いようです。

どの位の量を収納するか、これからも収納するものが増えるかにより引き出しの段数や衣裳盆の枚数をお決めください。

 

奥行

基本的に45cmから46cmが通常です。洋服たんすなどは60cmになります。

本体の厚み

並厚

厚さ約20mm

昔の標準的な厚さです。

胴厚

厚さ約27mm

胴厚と呼ばれるタイプです。婚礼箪笥として最適です。現代の標準的な厚さ。

胴丸

厚さ約35~40mm厚さの割には丸みがあるのでスタイリッシュです。高級仕様


並厚でも桐たんすとしての機能ははたしますので、ご自身のお使い用や納戸・クローゼットの中に入れてしまうという方が選ばれることが多いです。

嫁入り道具として持たせるのであれば胴厚をお勧めいたします。

より高級で贅沢なのが胴丸になります。胴の厚さがありますのでたんす全体幅が110cm(三尺六寸)になります。

面取り

引き出し前蟻組

棚板

仕上げ

桐たんすの価格

簡単に言いますと桐たんすの価格は材料と手間をどれだけかけるかで決まります。

例えば外寸106巾×46奥×173高さの箪笥でも引き出しが七段と八段では材料や手間が八段の方がかかるので高価になります。その他並厚か胴厚、平面か面取りかなどで変わってきます。