桐たんすの優れた特徴

桐は素材の表面が粗い為、吸湿性があり、吸い込んだ素材自体は膨張して、隙間をふさぎ外気を遮断します。
乾燥時は素材が収縮し通気を良くなります。
桐自体の組織の中に、チローズ構造と云うミクロの小部屋が無数にあり、これが湿度に敏感に反応して、桐の素材自体が膨張したり収縮したりして防湿効果をもたらします

桐には、パウロニン、セサミンと云う成分が含まれており、ノミ・ダニなどの虫がつきにくく、抗菌性に優れています。

桐材は多孔質(ミクロの小部屋)の為、保温効果に優れています。

桐の木の発火点は非常に高く、425℃といわれています。

更に、表面が炭化し水分を含むとほとんど燃えなくなるようです。

もし火事にあっても、桐たんすが黒こげになっていても、中の着物や洋服などが無事な事が事例で多く残っています。

軽くて軟らかい桐材は、腐りやすいと考えられがちですが、実は極めて腐りにくい木材です。

それは桐材に多量のタンニン(防腐剤が大きい)

が含まれているからです。そのため、桐たんすは長い期間使用可能なのです。

日本列島に育つあらゆる木の中で一番軽い樹木のため、持ち運びが楽です。